詳細

5/28のびわ練の詳細です。


最近体重がどうしても落ちないので、琵琶湖一周をして減らすことにする。
前日バイト先の飲み会が2時まであり、5時に起きた時点でまだ酔いがさめていなかったので
行くかどうかかなり迷ったが、ここで行かなかったら、たかが飲み会に負けたことになる、と意味
分からん理屈をつけて出発。

食欲がなかったのでVAAMとバナナのみ食べて出発。
大津についた時点で調子が悪かったら南湖だけまわろうかな〜という軟弱体制で挑んでみた。

いつも通り山科、小関越えと進んでいくが、なかなかアルコールが抜けてくれず、体は重い。
しかし浜大津に着いたころには普通に食欲も出て、これは今日はいけそうだと確信。
おにぎり2個、ヴィダーインゼリーを食べて東岸へ。

さざなみ街道に入って琵琶湖大橋まではゆっくり行こうかなとは思っていたのだが、ほとんど無風で
さらに新しい平地用のポジションが楽しくてついついスピードを上げてしまった。
だいたい35km/hほどでずっと走る。琵琶湖大橋たもとの時点でAveが32.2km/h
速い人からしたらたいした事ないのだろうが、自分の中では速すぎ。
ここから先ペースを落とせばいいのに長浜城の時点でAve33.3km/hとペースを上げてしまっているし・・
計画性のなさ丸出し。目も当てられない。

長浜までは良かったのだが、木之本までの単調な道でダレだし、木之本コンビニでAve33.2km/h
今日は天気が薄曇だから良かったものの、快晴だったらとっくに体力使い果たして終わっている
ペースである。

旧賤ヶ岳トンネルをくぐり、いよいよつらい西岸へ。
写真は藤ヶ崎
このあたりからちらほらと他のロード乗りを見かけるが、ペースが違うので 一緒には走れない。


岩熊トンネルをくぐり、しばらく行って左折、大浦に出る。
このあたりでも何かのイベントだろうか、ロードやらMTBを多く見かけた。

ここから先がいつも悩むところで、休憩にちょうどいいポイントがない。
途中ローソンがあっても、反対車線側だったりして、結局北小松駅付近のコンビニまで
走ってしまうことになる。

私も今回はそのつもりだったのだが、白髭神社の付近でなぜかハンガーノック状態に陥り、
路肩でしばらく休む。
琵琶湖でハンガーノックなんてランドナーに乗っていた頃以来であるが、なってしまったものは
仕方ないので、羊羹などを口にしながらだましだまし走る。
速度はこの時点で30km/hを切るようになり、意識もだんだん薄らいでいく・・・
あまりにも頭がボーっとするので、危険を感じ、和邇付近のバス停で少し仮眠。
10分程度だったがかなり回復し、その後は追い風もあって、35〜36km/hの速さでひたすら南下。
しかし琵琶湖大橋を過ぎたあたりから渋滞に巻き込まれ、Aveはどんどん低下し、浜大津に
ついたときのAveは31.4km/h
実走時間は5時間53分だったので、ばてたわりにはまずまず。

そのあと小関越えで完全に体力を使い果たし、山科以降は眠気と必死に戦いながら走るという
危険極まりない状態だった。

今回の敗因としては
1:睡眠不足
2:ペース配分ミス
3:休憩回数が少なすぎ
といったところだろうか。

また近いうちにやろうと思っている。  

トップページに戻る


inserted by FC2 system